Abbey Road Live Performance of The Beatles' Music
アクセスマップ お問い合わせ 英語サイト
 
Band Profile バンド紹介  

The Parrots ザ・パロッツ
1990年4月に、吉井 守(John)を中心に「パロッツ(The Parrots)」を結成。
都内のライブハウスで活動を開始。
その後「Abbey Road」オープンと同時に活動拠点を移しレギュラーバンドとなる。

「パロッツ(The Parrots)」の話題は海を越え英国BBCからの取材など、各メディアから注目を集め、1994年8月には、英国Liverpool(リヴァプール)で毎年行われている世界最大のビートルズ・フェスティバル「ビートルズ・コンベンション」に、東洋初の出場を果した。

1996年、1997年には、同コンベンションより正式招待を受け、本場リバプールのファンからも大喝采を浴びる。
2000年のコンベンションではトリを務めるまでに至った。

2001年4月、ソニー・ミュージック・エンターテイメントより、ライブアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー/ライブ・アット・アビーロード」(SRCL 5053)を発表。

2001年、2004年、コンベンションへ出場。

2007年、英国Manchester(マンチェスター)のLancashire County Cricket Club's Old Trafford groundにて「アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)」のサポート・アクトを務める。

2008年11月30日、自らのレーベル「Parrophone」より2枚目のCDとなる「Around The Parrots」(PACP-5054)を発表。


2013年11月、来日中のPaul McCartneyのプライベートパーティーに招待され約1時間の演奏。♪「I Saw Her Standing There」では、Paul本人のヴォーカルで共演を果たした。



吉井 守(John)
野口 威(Paul)
松山 明弘(George)
杉野 智史(Ringo)
松山 文哉(Keyboards)



 
 

 



The Parrots Member ザ・パロッツメンバー






Band Profile バンド紹介  

The Beatopia

ビートルズ・パフォーマーのベテラン、アミーゴ 松崎(Ringo)ex-The Parrots、山口 大志(John)ex-The Turquoise & The Firegrows、寄本 慎司(Paul)ex-The Turquoise の3人と、ギタリスト本庄 寛国(George)が奏でる音世界。ビートルズのユートピア、それがビートピア。

The Beatopia
 



▼松崎 晃之 / Teruyuki "Amigo" Matsuzaki as Ringo Starr, Drums

17才でドラムスと出会う。 1991年4月よりビートルズ・バンド《The Parrots》に加入。2007年5月の脱退まで16年余《The Parrots》のリンゴ役をつとめる。同年「松崎晃之・ドラム・スクール」を開校。また、セッションドラマーとして数多くのライブ及び、レコーディングで活躍。その歌心あふれる確かなドラミングには定評がある。


▼本庄 寛国 / Hirokuni Honjou as George Harrison, Guitar

14歳でギターを始める。22歳、ソロ活動を始めてからはジャンルにこだわらない多様な音楽を演奏する。東京・九段会館にて2000人の前でソロ演奏。東京厚生年金会館でも満席にした経験を持つ。現在は、レコーディング、ライブ、作曲、アレンジ等にも力を入れ、精力的に活動している。楽器メーカーVOXのデモンストレーターも務める。ビートピアでまた新たな歴史がはじまる。


▼寄本 慎司/ Shinji Yorimoto as Paul McCartney, Bass

1991年からビートルズ・バンドのポール役として都内ライブハウスにて活動を始める。1997年から《The Turqoise》のポール役として六本木アビーロード、各イベントに出演。2007年に音楽活動を休止したが、松崎、山口の説得を受け、この度3年ぶりに《The Beatopia》のポール役として復帰した。ポールへの想いはとても強くそして深い。


▼山口 大志 / Daishi "Daichan" Yamaguchi as John Lennon, Guitar

ビートルズのバンドとしては、1990年の《The Naughty Boys》結成以降、1997年《The Turqoise》に加入、2007年《The Firegrows》結成、2010年《The Beatopia》結成とビートルズ道一直線で現在に至る。三度の飯よりビートルズが好き。毒のあるおしゃべりにもジョン・レノン節を感じさせる。


********
▼黒岩 典英/ Norihide Kuroiwa, Keyboards

サポート・キーボディスト。サポート(ゲスト)ゆえ、演奏の無い日もあるが、出演結成当時からAbbey Roadでは多くの日に出演している。元《The Firegrows》のメンバー。「The Wanderers」や「Like It」にて、ディスコ、Hip-Hop、R& B、J-POPなど幅広いジャンルを演奏するバンドのメンバーとして都内ライブハウスで活動。他にも「The Cools」のサポート・キーボディスト、「安西マリア」「植田芳暁」「新田純一」等のコンサートにも参加。





Band Profile バンド紹介



Paul役に「菊地 優希」を迎え、Abbey Special Unit "#1" が、The Jentles(ジェントルズ)として生まれ変わりました!
(「寄本 慎司」は引き続きThe Beatopia(ビートピア)にて出演中です)



向後 寛隆/ Hirotaka Kougo as John, Guitar, Piano   >>> face book

菊地 優希/ Yu-ki Kikuchi as Paul, Bass, Piano

宍戸 健祐/ Kensuke Shishido as George, Guitar   >>>
blog

向井 佑助/ Yusuke Mukai as Ringo, Drums

(鈴木 みほ/ Miho Suzuki, keyboardist)


2015年1月活動開始。
The Tetradsの元ジョン「向後 寛隆」を中心に、ベテラン・ビートルズ・パフォーマー達とのセッションも数多くこなすジョージ「宍戸 健祐」、若さあふれる実力派リンゴ「向井 佑助」。アビー スペシャル ユニット "ハッシュ1" のメンバーだった3人に、アビーロードでは2007〜2009年にThe Goofiesとして活躍したレフティーなポール役「菊地 優希」が加入。
"ハッシュ1"は、The Jentlesとして生まれ変わりました!

「Gentle」の「G」が「J」なのは、「Beetle」を「Beatle」に換えた「Beatles」へのオマージュ。日本発の「J」の「Jentles」が、Beatlesサウンドを甦らせる。

Liveによってはキーボディスト「鈴木 みほ」も参加しサウンドを厚く豊かにします。


新井 俊之/ Toshiyuki Arai as Ringo, Drums
Rock 'n' rollやPops、Rock。Beatles Music以外のバンド活動も豊富にこなすベテラン・ドラマー。もちろん温かみを伝える彼の"Ringo Starrの"ドラミングとヴォーカルには定評がある。
Abbey Roadではリンゴ・スター・イヴェントのゲストとしておなじみ。




Band Profile バンド紹介


活動期間■2013年6月22日〜2014年12月29日

寄本 慎司/ Shinji Yorimoto as Paul, Bass    >>> face book
向後 寛隆/ Hirotaka Kougo as John, Guitar   >>> face book
宍戸 健祐/ Kensuke Shishido as George, Guitar   >>> blog
向井 佑助/ Yusuke Mukai as Ringo, Drums

(鈴木 みほ/ Miho Suzuki, keyboardist)


Band Profile バンド紹介
The BlueDusts 結成から約3年半、皆様に応援していただいてまりました The Tetrads ですが、2013年3月5日の公演をもちまして解散したしました。


ありがとうございました。
 

向後 寛隆 (John)
星 宜彦 (Paul)
金子 弘典 (George)
佐藤 仙 (Ringo)


  
  Copyright c 2004 ABBEY ROAD. All rights reserved.