Abbey Road Live Performance of The Beatles' Music
アクセスマップ お問い合わせ 英語サイト

| BAND PROFILE |





1990.04 チャッピー 吉井(ジョン)が中心となり「パロッツ(The Parrots)」を結成
結成当初のメンバーは、チャッピー吉井(ジョン)、黒澤 昭雄(ポール)、小沢 勝巳(ジョージ)、清丸 哲生(リンゴ)。
1991.04 清丸 哲生(リンゴ)脱退、アミーゴ松崎(リンゴ)加入。
1992 小沢 勝巳(ジョージ)脱退、北川 潤二(ジョージ)加入。
1992.09 黒澤 昭雄(ポール)、北川 潤二(ジョージ)脱退。
飯島 譲治(ポール)、金子 アキラ(ジョージ)加入。
1994.08 英国のリヴァプールで毎年行われている『ビートルズ・コンベンション』に東洋初の出場を果たす。
1995.11 金子 アキラ(ジョージ)脱退、三分一 嘉一(ジョージ)加入。
1996.08 リバプール、『ビートルズ・コンベンション』2回目の出場。
1996.12.06 『アビーロード』オープン。ハウスバンドとして活動開始。
オープン当初のメンバーは、チャッピー 吉井(ジョン)、ジミー(ポール)新加入、金子 アキラ(ジョージ)再加入、アミーゴ 松崎(リンゴ)。
1997 ジミー(ポール)脱退。1997.07まで寄本 慎司がポール役を務める。
1997.07 黒澤 昭雄(ポール)再加入。同時に、モッシー森下(キーボード)加入。
初めて正規メンバーが5人になる。
1997.08 英国リヴァプール『ビートルズ・コンベンション』3回目の出場。
メイン会場では、“通常は許されない”アンコール曲を演奏。
1997.11 モッシー 森下(キーボード)脱退。松山 文哉(キーボード)加入。
1999.02 金子 アキラ(ジョージ)脱退。上田 哲男(タークォイズ)が6月までジョージ役を務める。
1999.06 黒澤 昭雄(ポール)脱退。ゴードン 野口(ポール)、バンビーノ 松山(ジョージ)加入。
2000.05.14 お台場メディアージュ内『Tribute to the Love Generation』へ初出演。
その後、2001年3月まで合計9回出演。
2000.08 英国リヴァプール『ビートルズ・コンベンション』4回目の出場。トリを務める。
2001.01 チャッピー 吉井 手術入院。山口 大志(ターコイズ)が1ヶ月ジョン役を務める。
2001.04.25 ソニー・ミュージック・エンターテイメントより、
ライブアルバムCD「Please Please Me The Parrots Live at Abbey Road」(SRCL 5053)を発表。
2001.08 英国リヴァプール『ビートルズ・コンベンション』5回目の出場。
2002.05 ゴードン 野口 手術入院。寄本 慎司(ターコイズ)が3週間ポール役を務める。
2004.08 英国リヴァプール『ビートルズ・コンベンション』6回目の出場。各国メディアから取材を受け、複数の国のテレビなどでパロッツが紹介される。
2007.05 アミーゴ 松崎(リンゴ)脱退。 トーマス杉野(リンゴ)加入。
2007.07 英国Manchester(マンチェスター)のLancashire County Cricket Club's Old Trafford groundにて「アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)」のオープニング・アクトを務める
2008.11.30 東京・渋谷「DUO」にて、The Firegrows、The Goofiesとともに『THE TOKYO BEATLE CONVENTION 2008』を開催。

この日、自らのレーベル「Parrophone」より2枚目のCDとなる「Around The Parrots」を発表。
2013.11.20 来日中だったPaul McCartneyの奥様Nancy ShevellさんのBirthday Partyに招待頂き約1時間演奏。
そして、「I Saw Her Standing There」で共演!

The Parrots - Nancy's Birthday Party with Paul McCartney at The Peninsula, Tokyo.


| BAND PROFILE |


 
  Copyright c 2004 ABBEY ROAD. All rights reserved.